WordPressをminibirdへサーバー移行

概要:WordPressをminibirdへサーバー移行したメモ。

WordPressを現在のレンタルサーバーで長年使ってきたが、最近データベースが重くなったので、思い切って「minibird」というレンタルサーバーへ移行することにした。初めての作業だったので失敗に失敗を重ねてようやく成功したので手順をメモ。

1.現在のデータベースをエクスポート。
2.エクスポートしたsqlファイルをサクラエディタでURL置換。
3.minibirdに新しいデータベースを作成。
4.minibirdにデータベースをインポート。
5.minibirdにWordPressを簡単インストール。
6.新しいwp-config.phpを修正してデータベース入れ替え。
7.旧サーバーにhtaccessファイルを使用した301リダイレクトを設置。

WordPressのサーバー移行はググればたくさん情報があり、もっと簡単な方法がありそうですが、上の方法で成功した。

[結論]
データベースには全記事・全コメントが保存されているのでデータベースのインポートが成功すれば何とかなる!

1.データベースのエクスポート

古いWordPressで使用中のデータベース(MySQL)をphpMyAdminを使ってエクスポートする。

  • phpMyAdminにログインしたら、左のデータベース名をクリック。

    wp-minibird_01



  • 「エクスポート」タブをクリックして、使用している接頭子のみ選択して、下図のように設定して「実行」する。

    [補足]
    デフォルトの状態から、「DROP TABLEを追加する」と「ファイルで保存する」にチェックを付け加える。

    wp-minibird_02


  • 「実行」をクリックすると、sqlファイルのダウンロードが始まるので、適当なフォルダに保存する。

    wp-minibird_03



2.sqlファイル内のURL書き換え(置換)

独自ドメインを使用する場合など、移行後のURLが変化しない場合は置換しなくて良いが、URLが変わる場合は、sqlファイルに記述されているURLを新しいURLに書き換える必要がある。今回は下記のようにURLが変更される。

旧URL : http://17.pro.tok2.com/~mellow/blog/
新URL : http://mellow.minibird.jp/blog/

  • 「サクラエディタ」などのテキストエディタで、URLを新しいURLに置換する。

    例:17.pro.tok2.com/~mellow を mellow.minibird.jp にすべて置換する。
    wp-minibird_04


  • 置換終了したら別名で保存しておく。

    wp-minibird_05


 

3.minibirdにデータベース(MySQL)を作成

  • MySQLデータベースを作成する。

    wp-minibird_06



  • MySQLユーザを追加する。

    wp-minibird_07gif



  • MySQLユーザ権限を設定する。

    wp-minibird_08gif

 


 

4.データベースのインポート

  • インポートするsqlファイルをzipに圧縮する。

    minibirdでsqlファイルをインポートする場合、最大30,720KBに制限されているので、大きなサイズのsqlファイルはzip圧縮してサイズを小さくしておく。

    例:32MB→3MBに圧縮。
    wp-minibird_08a

    [補足]
    bigdump というフリーツールを使えば、自動分割してインポートしてくれるので、30MBを超えたsqlファイルでも問題なし。


  • phpMyAdminにログインしたら、新しく作ったデータベース名をクリック。

    wp-minibird_09gif


  • 「インポート」タブを開いて、「参照」ボタンでインポートするファイルを指定する。文字セットは「utf8」。

    wp-minibird_10gif


  • 数十秒後にインポートが終了する。

    wp-minibird_11gif




5.WordPressの簡単インストール

  • WordPressをminibirdの簡単インストールを使ってインストールする。

    wp-minibird_20gif



    wp-minibird_21gif

 

6.データベースの入れ替え

  • FFFTPでwp-config.phpをダウンロードしてデータベース情報を書き換えてアップロードする。

    wp-minibird_22gif



  • 使用中のテーマをアップロードする。

    /wp-content/themes/ 内へ使用しているテーマをアップロードする。

    [説明]
    データベースには使用中テーマの設定が保存されているので、該当のテーマが無い場合、WordPressへログインしても真っ白なページが表示されてしまいます。



  • 画像フォルダをアップロードする。

    /wp-content/uploads/をアップロードする。

    [説明]
    データベースには記事やコメントのテキストが保存されており、記事内の画像はURLで記述されている。古いWordPressでアップロードした画像ファイルのフォルダを丸ごとアップロードする。フォルダは古いWordPressのダッシュボードで確認する。

     
  • ブラウザで wp-login.php を開いてログインする。

    wp-minibird_23gif


    [注意]
    ログイン後「データベース確立エラー」が表示される場合は、wp-config.phpのデータベース関連の記述が間違っています。(ホスト名、パスワードなど)


  • 下のようなページが表示されたら「WordPressデータベースを更新」をクリック。

    wp-minibird_24gif


  • 記事、コメント、画像などは、なんとか移行できた模様。。。。

    wp-minibird_25gif



  • WordPressの各設定を見直す必要がある。(基本設定やWidgetなど)

  • 古いWordPressでphpファイルを改造したりして、phpファイル内にURLを書き加えている場合は、都度URLの変更が必要。

  • プラグインは新しいモノを都度インストールする必要がある。

 

7.旧サーバーでリダイレクト設置

旧ブログにアクセスしたら自動的に新しいブログへ飛ばすようにするには色々な手法があるが、Google先生に「URLが変わったよ」と知らせるために「301リダイレクト」という転送方式を使用する。

  • メモ帳に下記のコードを記述して.htaccessというファイル名でサーバーへアップロード。

    Redirect 301 /~mellow/blog/ http://mellow.official.jp/blog/
    [補足]
    /~mellow/blog/ : 旧URL
    http://mellow.official.jp/blog/ :  新しいURL

    つまり、旧ブログのどのページにアクセスしても、新しいブログの同じページに飛ばされるってこと。


カテゴリー: WordPressの事   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

WordPressをminibirdへサーバー移行 への1件のコメント

  1. Mellow より:

    テスト投稿です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>