WordPressに統計プラグイン(WordPress.com Stats)を導入

概要:WordPressのアクセス解析プラグイン(WordPress.com Stats)を導入する手順をメモ。

私のこのブログは健忘録として作ったもので、まさか他の人に読んでもらおうとは思ってもいませんでした。
しかし、記事を書いた以上、どれだけの人がアクセスしてくれているのか気になってくるものですね。
そこで、アクセス解析プラグインを入れてみることにしました。
導入したのは、WordPress.com Stats というプラグインです。

下図のように、WordPressの管理画面に、各ページのアクセス数が表示されます。
アクセスページ名もURLじゃなくて、ちゃんと記事のタイトルが日本語で表示されています。
他にも「グラフ」、「検索キーワード」などの統計も表示されます。

WordPress.com Stats

 

WordPress.com Stats の導入は、ちょっと面倒くさかったんで、手順を下にメモしておきます。

 

1.WordPress.com のAPI Key を取得する。

WordPress.com Stats を導入するには、WordPress.com のアカウントを取得して、API Key ってのをもらう必要があります。

  • WordPress.com のサイトを開き、「sign up for a WordPress com account」をクリック。

    API Key00



  • 下図の画面が表示されるので、必要な情報を入力する。
    「ユーザー名」「パスワード」は任意でOKですが、メールでKeyをもらうので、本物のメールアドレスを記入します。
    記入したら、「Next」をクリック。

    API Key01



  • 下図が表示されたら仮登録ができました。下のページは何も記入しないで閉じてもOKです。
    すぐにWordPress.comからメールが届きます。

    API Key02



  • WordPress.comからのメールに記載されているURLをクリックします。
    全文英語ですが、URLは一個しかないので、わかると思います。
    URLをクリックすると、下のページが開きます。
    再度WordPress.comからメールが届きます。

    API Key03



  • メールにAPI Keyが記載されています。

    API Key05

 

 

2.WordPress.com Statsプラグインのインストール

  • 下記サイトから、stats.1.6.3.zip をダウンロードします。

    http://wordpress.org/extend/plugins/stats/

  • stats.1.6.3.zipを解凍して出来た ¥statsフォルダを、サーバーの¥wp-content¥plugins へアップロードします。


  • WordPressの管理画面で、「プラグインの管理」を開き、WordPress.com Stats の「使用する」をクリックして有効化します。

    API Key06


  • 有効化されると、管理画面の左メニュー「プラグイン」に WordPress.com Stats が追加されますので、クリックします。

    WordPress.com Stats 


  • 下の画面が表示されます。「このブログをWordPress.comにリンクするには、API Keyを入力してください」と書かれてあるので、さっき取得したAPI Keyを入力して、「Save」をクリックします。

    WordPress_com_Stats00


  • 「Save」すると、下の画面が表示されます。API Key とアカウントを確認して、間違ってなかったら、「add to WordPress.com account」をクリックします。

    WordPress_com_Stats01


  • 最後に、下の画面が表示されます。
    ログインしている人はカウントされません。統計を表示するにはダッシュボードを参照してください。もしログイン要求が出たらWordPress.comのユーザーネームとパスワードを入力してください」と書かれてあります。

    WordPress_com_Stats02 


    これで、WordPress.com Stats のインストールは完了です。

 

 

3.統計を見てみる

  • WordPress管理画面の左メニュー「ダッシュボード」に、「Site Stats」が追加されているので、クリックします。

    WordPress_com_Stats03


  • インストール直後は下記のメッセージが表示されます。

    WordPress_com_Stats04 

    統計を追跡していますが、まだ表示するものがありません。統計情報は20分以内に表示されます。」と書かれてあります。
    しばらく待ってから、再度表示させてください。


  • 20分後くらいに、WordPress管理画面の「Site Stats」を表示させると、下のような統計情報が表示されます。

    WordPress_com_Stats05

    ちゃんと表示されているものの、英語表記ですね。日本語に直しましょう。





4.WordPress.com Stats を日本語化する。

  • WordPress.com にログインして、「Global Dashboard」 を開き「Profile」ー「Personal Settings」へ進む。

    WordPress_com_Stats06



  • 「My Public Profile」のページが表示されたら、「API Key and other Personal Settings?」をクリックする。

    WordPress_com_Stats07



  • 「Personal Settings」ページが表示されたら、「Interface Language」を「ja-日本語」に変更する。

    WordPress_com_Stats08



  • ページ最下段の「Save Change」をクリックすると、ページ全体が日本語表示に変わります。

    WordPress_com_Stats09



  • 再度、WordPressの 「Site Stats」 を表示させると、下のような日本語表示に変わっているハズです。

    WordPress_com_Stats10

以上で説明を終わります。 しかし、何をやるにしても、面倒くさいですねーー。^^;

カテゴリー: WordPressの事   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

WordPressに統計プラグイン(WordPress.com Stats)を導入 への2件のコメント

  1. Anne より:

    こんにちは。 こちらの記事のおかげでインストールと設定が無事できました。ありがとうございました。^^

    • Mellow より:

      Anne さん、こんにちは。
      読んで頂いてありがとうございます。参考になったのなら、とてもうれしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>